青汁の原材料

大麦若葉は青汁に使われている率 No.1!の万能選手

投稿日:

「青汁」に使われている素材の中で多いのが「大麦若葉」です。

「大麦若葉」は、イネ科の植物である大麦の若い葉の部分のことを指します。

大麦は、「麦ごはん」に使われる麦です。

麦には小麦、大麦、ライムギなど、いろいろな種類があります。

その中でも、優れた栄養価を持つ食品で、最近注目を浴びている食物繊維を8.5%も含んでいます。

便秘に効果があるといわれる食物繊維は、主に野菜から摂取することになります。

これは精白米の17倍以上、繊維の宝庫と言われているサツマイモと比較しても4倍も多い含有量となります。

食物繊維には、「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、それぞれをバランス良く摂取することが好ましいとされています。

大麦には、この2種類の食物繊維がほぼ半量ずつ含まれており、まさに理想的と言えます。 また、摂取不足が問題となっているカルシウムも精白米の3倍も多く含み、カリウムは2倍、精白米より豊富に含んでいます。

大麦のこのような高い栄養価が、「健康食」と評価されている由縁なのです。

また、SOD酵素も含まれています。

人間を含めた生物が呼吸し、新陳代謝をしているときには「酸素の約2%が“酸素毒”」といわれる「活性酸素」になります。酸素は人間が生きていく上で必要不可欠ですが、新陳代謝の際に、毒にもなるのです。
「活性酸素」は、私たちの体の中に侵入してくるバイ菌や、有毒 物質を貪食する殺菌の役目をしてくれる大事な物質です。

しかし、地球環境の急速な汚染などにより、必要以上にこの活性酸素が増加しています。 活性酸素は非常に酸化力が強く、異物を溶かす作用が過剰になって正常な細胞まで貪食し、脂質と結合して過酸化脂質(細胞を 傷つけ破壊し、人体に害を及ぼす厄介者)となり、さまざまな障害を与えるようになります。

「SOD」とは、Super Oxide Dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)の略で、私たちの体内で過剰となった「活性酸素」を取り除き無毒化してくれる「酵素」です。

「活性酸素」とこの「SODなどの抗酸化酵素とビタミン・ポリフェノールなどの抗酸化物質」のバランスによって、私たちの健康が保たれています。

つまり、積極的に摂りたいものなのです。

大麦若葉には、SOD酵素以外にもミネラル類やビタミン類が豊富に含まれています。

豊富な栄養素がバランスよく含まれている点が、青汁として多く使われている理由ですね。

-青汁の原材料
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私が求める理想の青汁、私が飲みたい青汁を選ぶ3つの注意すべきポイントとは?

これだけ世の中に青汁が売られていると、何を基準に選んだらいいのか、どれがいいのか分からなくなりませんか? 「とりあえず、何でもいいから青汁でも飲んでおけばいいか」という人もいれば、 「青汁で野菜不足を …

青汁の原材料まとめ

「青汁」と言っても、使われている原材料は様々です。 そこで、代表的な青汁の原材料について調べました。 どんな効果が期待できるのか、徹底的に調査しましたので、自分が気になる原材料をしっかりチェックしてく …

☆青汁の原材料の明日葉って生でも食べられるの?

明日葉って、「今日、芽を摘んでも明日には新芽が出る」と言われるほど生命力が強いんです。なので「明日葉(あしたば)」と名前がついたんです。 で、その明日葉ですが、青汁の原料としての知名度が抜群! そして …

青汁「大麦若葉100%」なのに、どうして味が違うのか?調べた結果が衝撃すぎる

「青汁の不思議」に気づきました。 不思議に思うのは、私だけではないと思うんです。 青汁の味の違い。メーカーによって違うのは、もちろん、当たり前。 かれこれ、もう、50種類以上の青汁を飲み比べてきました …

☆青汁の原材料「ケール」はスーパー食材!?

目次1 ケールとは?2 ケールの旬の季節3 ケールに含まれる栄養素4 ケールまとめ ケールとは? ケールは緑黄色野菜の王様とも呼ばれ、キャベツやブロッコリーの原種であるアブラナ科アブラナ属の植物です。 …